コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)塀/煉り塀 ネリベイ

デジタル大辞泉の解説

ねり‐べい【練(り)塀/×煉り塀】

練った泥土交互に積み重ねて築き、上に瓦を葺(ふ)いた塀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の練(り)塀/煉り塀の言及

【塀】より

…後者の代表的な遺例としては日光東照宮のものがよく知られている。土塀としては粘土を築き上げた築地(ついじ)塀,瓦と粘土を交互に積み重ねて築いた練(ねり)塀があり,いずれも瓦葺きの屋根を設ける。築地塀は単に築地あるいは築垣(ついがき)ともいい,築泥(ついひじ)から変化したものという。…

※「練(り)塀/煉り塀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

練(り)塀/煉り塀の関連キーワードインテージホールディングス東京センチュリーリースサイバネットシステム櫛田 栄清(初代)兵庫県西宮市社家町日立産機システム中西派一刀流富士通リース浅利又七郎河内山宗俊順天堂大学市河 三喜田代 素魁東京リース中村 光夫司馬凌海西宮神社大槻俊斎佐藤尚中寺田宗有

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android