コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)塀/煉り塀 ネリベイ

1件 の用語解説(練(り)塀/煉り塀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねり‐べい【練(り)塀/×煉り塀】

練った泥土と瓦を交互に積み重ねて築き、上に瓦を葺(ふ)いた塀。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の練(り)塀/煉り塀の言及

【塀】より

…後者の代表的な遺例としては日光東照宮のものがよく知られている。土塀としては粘土を築き上げた築地(ついじ)塀,瓦と粘土を交互に積み重ねて築いた練(ねり)塀があり,いずれも瓦葺きの屋根を設ける。築地塀は単に築地あるいは築垣(ついがき)ともいい,築泥(ついひじ)から変化したものという。…

※「練(り)塀/煉り塀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone