コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信長の四天王 おだのぶながのしてんのう

世界大百科事典内の織田信長の四天王の言及

【四天王】より

…《十訓抄》巻三には武将の四天王として源頼信,藤原保昌,平維衡,平致頼をあげ,《平家物語》巻九などに木曾義仲の四天王として今井兼平,樋口兼光,根井光親,楯親忠が見え,《源平盛衰記》巻四十八に源義経の四天王として佐藤継信,同忠信,鎌田盛政,同光政が見える。他に新田義貞の四天王として栗生顕友,篠塚伊賀守,畑時能,由良具滋,織田信長の四天王として柴田勝家,滝川一益,丹羽長秀,明智光秀,徳川家康の四天王として酒井忠次,井伊直政,本多忠勝,榊原康政,豊臣秀頼の四天王として木村重成,真田幸村,長宗我部盛親,後藤基次などがある。芸道では和歌の四天王(頓阿,兼好,浄弁,慶運),弓馬の四天王,茶道の四天王などがある。…

※「織田信長の四天王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

織田信長の四天王の関連キーワード四天王

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android