コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

缶蹴り カンケリ

デジタル大辞泉の解説

かん‐けり〔クワン‐〕【缶蹴り】

空き缶を使ったかくれんぼう。定めた所に置いた缶を蹴り、それを鬼がもとに戻す間に隠れる。鬼は見つけるたびに缶を踏みに戻り、また隠れる側は鬼が離れたすきに缶を蹴ってもよく、その場合は既に見つけられた者も再び隠れることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カンけり【缶蹴り】

隠れん坊の一種。缶を一個立てた陣地に鬼が一人残り、近くに隠れた子供たちが鬼の目を盗んで缶を蹴飛ばす遊び。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

缶蹴りの関連キーワード隠れん坊空き缶陣地

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

缶蹴りの関連情報