コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もと もと

2件 の用語解説(もとの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

もと
もと

清酒を造るとき,原料 (もろみ) を発酵させるための酵母の培養物。酒母ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もと
もと /

酒母(しゅぼ)ともいう。もろみを発酵させるもとになる酵母(こうぼ)(イースト)を培養したもの。ビールやアルコールもろみの発酵に用いる酒母は、殺菌した麦汁などに酵母を純粋培養したものであるが、日本酒造りでは、「一麹(こうじ)、二もと、三造り」といわれるように、もと造りは重要な操作で、その作り方も複雑である。
 原理は、強い酸性の条件下で(加熱殺菌の操作を行わずに)、清酒酵母を純粋に培養するもので、その酸性をつくりだす手段として、乳酸菌を応用する伝来の方法と乳酸を用いる方法とがある。乳酸菌を用いる酒母には、「生(きもと)」およびその改良型である「山廃(やまはいもと)」の二つがある。生の作り方の原理は、まず蒸し米と麹と水とを低温(6~8℃)で仕込み、自然に増殖してくる乳酸菌と硝酸還元菌によって、清酒酵母だけが生育可能な条件をつくりだすことにある。しかしこの方法は、「もと」ができあがるまで約1か月もかかり、作業も繁雑である。この工程を、乳酸を用いることにより一挙に解決したのが「速醸(そくじょうもと)」で、今日広く用いられている。作り方は、蒸し米7、麹3、水12(乳酸0.5%を加える)の割合で混ぜ、さらに優良な純粋培養の清酒酵母を加えて、約20度Cに保つと糖化と発酵が進み、わずか数日で酒母ができる。[秋山裕一]
『大塚謙一編著『醸造学』(1981・養賢堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もとの関連キーワード酒を煮る醤油諸味一人蔵琉球もろみ酢の日もろみ飛騨おんど雪螢のさと酒粕/酒糟諸味/醪諸味漬け

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

もとの関連情報