コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置(き)唄 オキウタ

デジタル大辞泉の解説

おき‐うた【置(き)唄】

長唄の舞踊曲で、踊り手が登場する前に歌われる、序奏的な部分。おき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の置(き)唄の言及

【置】より

…いずれも情景描写や人物の説明などが行われる。正式には置の部分が唄なら〈置唄〉,浄瑠璃なら〈置浄瑠璃〉という。序破急の序にあたり,比較的ゆっくりしたテンポで演奏され,三味線の調絃は本調子が用いられることが多い。…

※「置(き)唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

置(き)唄の関連キーワードままの川月の巻長唄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android