部分(読み)ブブン

大辞林 第三版の解説

ぶぶん【部分】

全体をいくつかに分けたものの一部。また、小分けしたもの。 「 -にこだわって全体を見ない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐ぶん【部分】

〘名〙
① (━する) 全体をいくつかに分けること。
※史記抄(1477)六「そんぢゃうそれは校尉となれ、そんぢゃうそれは候となれ、誰某は司馬となれとて、部分してわけ定むるを部署と云ぞ」
② 全体をいくつかに小分けしたものの一つ。また、その一つ一つ。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「此とき只地球に対せる、部分の光を、見るゆゑに、半月弦月の、区別あり」 〔蕭穎士‐為邵翼上張兵部書〕

ぶ‐わけ【部分】

〘名〙 雑多のものを種類、性質などによっていくつかに分類すること。
※運歩色葉(1548)「部分 ブワケ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部分の関連情報