コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃柴犬

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

美濃柴犬

岐阜県美濃地方の山間部で昔から飼われていたとされる柴犬。美濃柴犬のほか、信州柴犬、三河柴犬、山陰柴犬など、かつては地域ごとに固有の犬が存在した。国は1936年、小型の日本犬をまとめて「柴犬」として天然記念物に指定。日本犬保存会は現在、柴犬や秋田犬、紀州犬など6犬種以外は日本犬として公認していない。地域固有の犬は戦争の影響で激減したが、戦後、各地で保存会ができた。

(2013-08-23 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の美濃柴犬の言及

【柴犬】より

…小型日本犬を総称する犬種名で,産地により美濃柴,信州柴,石州柴などと呼ばれる獣猟犬,番犬。東北地方南部から関東,中部,山陰の各地方に広く分布し,縄文,弥生の時代から飼われてきた犬といわれる。山岳地帯や交通不便な山里で純粋性が維持され,美濃柴,信州柴などが最も有名。1936年に天然記念物に指定されたが,第2次世界大戦を経て激減し,また雑種化が著しく進んだ。戦後わずかに残存した島根,四国,山梨などの柴犬を基に再興がはかられ,現在の小型日本犬を見るに至った。…

※「美濃柴犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android