コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義熙土断 ぎきどだん

世界大百科事典内の義熙土断の言及

【土断】より

…しかしこの僑州郡県制は,基本単位の僑県にしても,難民のまとまりを県とみなした行政上の措置で,まったく境域をもたなかったために,十分に目的を達することはできず,そのうえ,移住民と旧住民とは,実際は同じ地域に居住しているのに,戸籍の種類,支配系統,税役負担を異にしていて,差別と混乱を助長した。このような弊害を是正して国力の強化を図ったのが土断で,桓温(かんおん)の庚土戌断(364)や宋の武帝劉裕の義熙土断(413)は大きな成果をあげた。土断によって移住民の戸籍も白籍から黄籍へかわった。…

※「義熙土断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android