コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ロフ教会 せいロフきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいロフきょうかい【聖ロフ教会】

ポーランドの首都ワルシャワにある教会。ジェラゾヴァヴォラの北10kmのブロフフに位置し、16世紀に建造されたゴシック様式の美しい教区教会で、音楽家のショパンが1810年4月23日、この教会で洗礼を受けた。3つの塔が印象的で、頑丈な防護壁を持つ構造に特徴がある。ショパン一家と深い縁があり、ショパンの両親はここで結婚式を挙げ、姉のルドヴィカの結婚式も行われた。ショパン家の結婚式、誕生・洗礼の記録のコピーを閲覧することができ、7~8月の日曜日の午後にはショパンの作品を楽しむコンサートが開かれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android