コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ロフ教会 せいロフきょうかい

1件 の用語解説(聖ロフ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいロフきょうかい【聖ロフ教会】

ポーランドの首都ワルシャワにある教会。ジェラゾヴァヴォラの北10kmのブロフフに位置し、16世紀に建造されたゴシック様式の美しい教区教会で、音楽家ショパンが1810年4月23日、この教会で洗礼を受けた。3つの塔が印象的で、頑丈な防護壁を持つ構造に特徴がある。ショパン一家と深い縁があり、ショパンの両親はここで結婚式を挙げ、姉のルドヴィカの結婚式も行われた。ショパン家の結婚式、誕生・洗礼の記録のコピーを閲覧することができ、7~8月の日曜日の午後にはショパンの作品を楽しむコンサートが開かれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ロフ教会の関連キーワードワルシャワイェロゾリムスキェ通りサスキ公園聖ヤン大聖堂ビジトキ教会マルシャウコフスカ通りワジェンキ公園ワルシャワ王宮ワルシャワ蜂起記念碑ポーランド室内管弦楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone