肉芽腫性炎(読み)にくがしゅせいえん

世界大百科事典内の肉芽腫性炎の言及

【炎症】より

…膜は,壊死となった粘膜細胞に滲出した白血球やフィブリンが加わってできたもので,偽膜と呼ばれる。(6)肉芽腫性炎granulomatous inflammation 結核や癩などのような特殊な病原菌によって生ずる慢性炎症の代表的な型のもので,慢性肉芽腫性炎ともいう。これらの病名に〈炎〉という字が使われていないのは,前述の炎症の四徴を示さない病気なので,かつて結核も腫瘍かと考えられていた時代があったためである。…

※「肉芽腫性炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android