コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝向かふ キモムカウ

デジタル大辞泉の解説

きも‐むかう〔‐むかふ〕【肝向かふ】

[枕]心は腹中で向かいあっている肝の働きによるとする意から、「心」にかかる。
「―心を痛み思ひつつ」〈・一三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きもむかう【肝向かふ】

( 枕詞 )
〔向かい合っている内臓の意からか〕
「心」にかかる。 「 -心をだにか/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肝向かふの関連キーワード這ふ蔦の古事記腹中枕詞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android