背肋(読み)はいろく

世界大百科事典内の背肋の言及

【肋骨】より

…この肋骨は正しくは腹肋(腹方肋骨)または下肋と呼ばれ,本来は血管棘と同じもので,すべての硬骨魚類に備わっている。ある種の硬骨魚では,これらのほかに,筋間中隔が水平中隔と交わる線にそって,背肋(はいろく)(背方肋骨)または上肋と呼ばれる弓状の骨が椎骨側面からのびている。イワシなどの胴の肉の中に埋もれた小骨(こぼね)がこれである(硬骨魚類には,筋間中隔の中に椎骨とは連結しない細い骨をもつものがあるが,これらは肋骨ではなく,筋間骨と呼ばれる。…

※「背肋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android