コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎毒下し たいどくくだし

大辞林 第三版の解説

たいどくくだし【胎毒下し】

新生児にマクリ(カイニンソウ)などの薬を飲ませること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の胎毒下しの言及

【育児】より

…とくに生後3~7日目まではその心配が最も大きく,三日祝や七夜は生児がこの世に生存するか否かの第一段階ともみられた。生後すぐはぼろにくるみ,胎毒下しと称してマクリなどを飲ませておき,三日祝のときに産着を着せ,同じころに産をした異性の子をもつ人の乳を〈乳つけ〉として与えてもらった。乳つけは他人の乳の呪力によって,子の幸福を願う多分に呪術的なものであった。…

※「胎毒下し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胎毒下しの関連キーワードカイニンソウ五香

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android