コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胝惣八郎 あかがりそうはちろう

世界大百科事典内の胝惣八郎の言及

【国役】より

…国役は初め職人の実労働であったが,後に貨幣納との併用,またはまったく貨幣納化した。さらに事例を挙げるならば,諸方鉄砲差図役の胝(あかがり)惣八郎は鉄砲町を拝領して鉄砲職人を差配し,幕府の鉄砲御用をつとめた。鍛冶支配の高井五郎兵衛は神田鍛冶町を拝領して関八州鍛冶職人を支配し,幕府の鍛冶御用に際しては配下職人のうちより年間に国役20人分を差し出した。…

※「胝惣八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android