コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰蓑 コシミノ

2件 の用語解説(腰蓑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こし‐みの【腰×蓑】

腰から下を覆う短いみの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こしみの【腰蓑】

腰にまとう短いみの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の腰蓑の言及

【前掛け】より

…労働用として現在も一部地域に用いられているが,そのほか,かっぽう前掛け,サロンエプロン,袖無しエプロンなど洋風前掛けも多く,材質,色,柄は多様化した。エプロン【日浅 治枝子】 前掛けと腰蓑(こしみの)との間には用法や名称において共通する点が見られるのは,前掛けの原初形態を考えるうえで注意すべきことである。秋田県ではわらと海菅(うみすげ)とを編んで作った腰蓑を前垂れまたは腰巻といった。…

【蓑】より

…《日本書紀》には,素戔嗚(すさのお)尊が青草をたばねて蓑笠としたと記してあり,《万葉集》にも見られるほか,12世紀の成立とされる《信貴山縁起絵巻》には,尼公の従者が蓑を着て旅する姿が描かれている。 蓑の種類は,背蓑,肩蓑,胴蓑,丸蓑,腰蓑,蓑帽子の6種類に分けられるが,一般的に用いる蓑は肩蓑と胴蓑が多い。肩蓑は,両肩から後背部,腰部をおおう。…

※「腰蓑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腰蓑の関連キーワード腰裳猿股手覆い半ガッパ目を覆うガンプ前掛腰斬イミノ尿素イミノ酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腰蓑の関連情報