コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


みの

わら,すげ,あるいはびろうの葉,ふじ,しゅろの皮などを編んでつくった雨具。背蓑,肩蓑胴蓑,丸蓑,蓑帽子腰蓑などがある。呼称は地方によってさまざまであるが,蓑が最も一般的。東北地方北部ではケラ,北陸,中部,山形などの地方ではバンドリと呼んでいる。バンドリはハトリ (すずめの方言) の転じたもので,蓑を着た農民の姿がすずめを連想させることからきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みの【×蓑/×簑】

茅(かや)菅(すげ)などのや葉、また、わらなどを編んで作った雨具。肩からかけて身に着ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蓑【みの】

雨具の一種。スゲ,わら,シュロなどの茎や葉を編んで作る。肩と腰,または腰のみをおおう小型蓑,全身を包む大型蓑,上下2部形式の蓑などがあり,古来,農山漁村で使用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みの【蓑】

わら,カヤ,スゲ,シナノキなどの植物の茎や皮,葉などを用いてつくった外被である。雨,雪,日射あるいは着衣が泥や水に汚れるのを防ぐために着用する。古くから農夫漁夫,狩人などが着用した。《日本書紀》には,素戔嗚(すさのお)尊が青草をたばねて蓑笠としたと記してあり,《万葉集》にも見られるほか,12世紀の成立とされる《信貴山縁起絵巻》には,尼公従者が蓑を着て旅する姿が描かれている。 蓑の種類は,背蓑,肩蓑,胴蓑,丸蓑,腰蓑,蓑帽子の6種類に分けられるが,一般的に用いる蓑は肩蓑と胴蓑が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みの

日本古来の外被の一種。防雨、防雪、防寒、日よけ、運搬の際の背中当てなど、その利用範囲は広い。藁(わら)、菅(すげ)、茅(かや)、科(しな)(シナノキ)、かじ(カジノキ)、しゅろ、そのほか手近にある材料を用いてつくる自家製品である。形としては、東北地方の背中を覆う「ケラ」がもっとも古く、『信貴山縁起(しぎさんえんぎ)』に、そのおもかげを察することができる。これを東北地方では背蓑ともいう。漁村では、多く腰から下に巻く腰蓑は、水を防ぐためのものであり、肩や背を覆う肩蓑、丸く編んだ丸蓑、帽子付きの蓑帽子、背蓑と腰蓑を継いでつくった胴蓑は猿蓑とよぶ地方もある。元来、蓑作りは男の仕事で、東北では若者が嫁を迎えるときの贈り物として、首回りの部分を色糸で矢羽根や吉祥文字を編み込んだものをつくり、嫁からは花婿に、こぎん、菱刺(ひしざし)などの仕事着を贈る地方もある。16世紀、南蛮文化の到来によって、羅紗(らしゃ)製の合羽(かっぱ)が伝えられ、蓑は農山漁村の民具となり、昭和初期まで用いられた。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【雨具】より

…雨降りの外出や労働のさい身に着ける外衣,かぶりもの,履物などの総称。蓑,合羽,笠,傘,レインコート,帽子,足駄(高下駄),雨靴などがある。わら,スゲ,海藻などの植物,防水加工を施した紙や布,ゴム,ナイロンなど撥水性のある素材で作られる。…

※「蓑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓑の関連キーワード蓑田胸喜(みのだきょうき)三重県伊賀市上阿波日置蓑麻呂オオミノガ俳諧七部集ミノムシ茶の木原年の設けしわぶる神戸祐甫蓑曳矮鶏ばんどり雪丸げ続猿蓑蓑代衣挟かふ弱法師逆さ蓑蓑市田蓑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓑の関連情報