コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時所得 りんじしょとく

大辞林 第三版の解説

りんじしょとく【臨時所得】

役務の提供を約することにより一時に取得する契約金など、臨時に発生する所得。平均課税の対象とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の臨時所得の言及

【平均課税】より

…変動所得および臨時所得について所得税や住民税の負担を軽減するための特別の税額の計算方法(所得税法90条,地方税法36条,314条の4)。現在の累進税率のもとでは,たとえば,ある年の課税所得金額350万円,翌年の課税所得金額50万円の人と,ある年の課税所得金額200万円,翌年の課税所得金額200万円の人とでは,2年間の課税所得金額の合計が同じ400万円でも,所得税や住民税の負担に相当のひらきがでてくる。…

※「臨時所得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨時所得の関連キーワード変動所得平均課税申告書A所得役務臨時

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android