コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己資本比率規制 じこしほんひりつきせいBasel Capital Accord

4件 の用語解説(自己資本比率規制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

自己資本比率規制

国際的に活動する銀行等に、信用リスク等を加味して一定以上の自己資本比率を求める国際的統一基準。累積債務問題等のリスクの増大等を背景に、国際銀行システムの健全性と安全性の強化を図ると共に、国際業務に携わる銀行間の競争上の不平等を軽減することが求められた。そこで、国際決済銀行(BIS)のバーゼル銀行監督委員会の報告書「自己資本の測定と基準に関する国際的統一化」に基づき、1988年に自己資本比率(BIS)規制が合意された。この合意の内容は、日本でも国内法として取り入れられた。現在、銀行法等の法令に基づき、信用リスクにマーケット・リスクを加味して、次のような規制がなされている。分母をリスク・アセット(資産の種類ごとにリスク率を乗じたものの合計)と、マーケット・リスクに12.5を乗じたものとの合計とし、分子を資本金・資本準備金等から算出されるTier1、劣後債劣後ローン有価証券評価益等から算出されるTier2、短期劣後債務から算出されるTier3の合計とし、その割合が8%以上であることが求められる。それは単体ベースのみならず、子会社を含めた連結ベースにおいても要求される。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自己資本比率規制

貸し出しの焦げ付きといったリスクに対し、自前の資金である自己資本を十分用意するよう義務づける規制。27カ国・地域の中央銀行や監督当局による「バーゼル銀行監督委員会」がルールづくりを担う。今のルールでは、国際的に活動する銀行には8%以上が求められ、うち4%以上の相当分は普通株や優先株などで調達した「中核的自己資本」で占める必要がある。優先株や優先出資証券で調達した資金を除く「狭義の中核的自己資本比率」でも、4%以上を求める規制強化案が出ている。

(2009-09-10 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じこしほんひりつ‐きせい【自己資本比率規制】

BIS規制

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自己資本比率規制の関連情報