自走枠(読み)じそうわく

世界大百科事典内の自走枠の言及

【坑内支保】より

…可縮性支柱,可屈性支柱は,強い地圧がかかると支柱の構成部材の継手の部分が縮むかたわむかして破砕されずに坑道断面の変形をゆるしながら保持しつづける支柱で,剛性支柱では対抗できないような強い地圧にも耐えることができる。炭鉱の一般的な採炭法である長壁式採炭切羽では,昔は木枠を用いていたが,その後鉄柱およびカッペによる支保(カッペ採炭)が導入されて採炭機械化が安全にできるようになり,さらに現在,緩傾斜切羽では油圧機構で前進する自走枠が普及している。坑内災害のうちでも落盤災害は比較的比率が高く,保安上から支柱は重要な役割を担っているが,岩石や地層の性質,採掘深度,湧水の有無などによって坑道や切羽に現れる地圧の状態が非常に異なるので,この状態をよく見きわめて適当な支柱を施さなければならない。…

※「自走枠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android