コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自転車シェアリング じてんしゃしぇありんぐBicycle Sharing

知恵蔵miniの解説

自転車シェアリング

自転車の共同利用サービス。バイクシェアリング、コミュニティサイクルとも称される。利用者は一定のエリア内に複数配置された拠点で自由に自転車の貸出返却をすることができる。地方公共団体と民間企業の協業で運営されるケースが多く、利用料金はサービスによって異なる。欧米各地の都市で2000年前後よりクレジット決済とオンライン情報管理を活用した事業モデルが登場し、環境にやさしい都市内交通手段として普及が進行。日本では放置自転車の削減策としても注目され、社会実験や事業化などの動きが広がっている。

(2013-5-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自転車シェアリング
じてんしゃしぇありんぐ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自転車シェアリングの関連情報