コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色里流行歌 いろざとはやりうた

世界大百科事典内の色里流行歌の言及

【小歌(小唄)】より

…隆達節を端緒として,寛永(1624‐44)ころには京都で弄斎節(ろうさいぶし),江戸で片撥(かたばち),明暦・万治(1655‐61)には京都島原で投節(なげぶし),江戸吉原でつき(ぎ)節,大坂新町で籬(まがき)節などが流行する。いずれも旋律は明らかではないが,小歌は色里から歌い出されたので,のちには〈色里流行歌(はやりうた)〉と総称されるようになる。なお《歌舞妓事始》(1762)には,小歌の作者や歌手の名前が記されているが,その小歌の曲名はこんにちの地歌や長唄をも含むから,小歌という概念は,物語性のある浄瑠璃と対立して用いられていたのかもしれない。…

※「色里流行歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone