コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花結び(読み)ハナムスビ

大辞林 第三版の解説

はなむすび【花結び】

色糸や緒を、菊・桜・梅など様々な花にかたどった結び方にすること。また、その結んだもの。衣服や調度の飾りとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の花結びの言及

【帯】より

…以下同じ)。そしてその結び方は,突込(つきこみ)帯といい帯の端を巻きつけた帯の間にはさみ込んだ簡単なものか,花結びくらいであった。しかし,寛永(1624‐44)ころから,遊女たちはすでに5寸ほどの広幅の帯を用いていたようである。…

【結び】より

…また火縄時計は焼失した縄の結び目の数から測定された。
[花結びと作業結び]
 日本の結びには結合という目的のほかに,その様式の美しさそのものが目的とされる場合がある。この結びの装飾性から注目されるものに〈花結び〉がある。…

※「花結び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花結びの関連情報