コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒人神 あらひとがみ

世界大百科事典内の荒人神の言及

【現人神】より

…古代では葛城一言主神(かつらぎのひとことぬしのかみ)や八幡神(はちまんしん)および航海神である住吉大神がそう呼ばれ,中古以降には菅原道真(北野天神)をはじめとする御霊神(ごりようしん)をさすことが多い。後者の場合そのたたりのすさまじさから〈荒人神〉の意も含まれている。天皇もまた現人神とされたが,天皇には〈明(現)神(あきつかみ∥あきつみかみ)〉が公式の称号として多く用いられた。…

※「荒人神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒人神の関連キーワード雨の五郎曾我祭現人神五郎

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android