荷田信名(読み)かだののぶな

世界大百科事典内の荷田信名の言及

【賀茂真淵】より

…35年4月に春満の家で真淵は《百人一首》の講義をする。36年7月に春満は没し,翌年の春真淵は荷田信名(のぶな)や荷田在満がいる江戸に下る。信名から《万葉集》について,在満から律令有職(ゆうそく)について学んだであろう。…

※「荷田信名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android