荻原碌山(読み)おぎわら ろくざん

世界大百科事典内の荻原碌山の言及

【荻原守衛】より

…彫刻家。碌山と号す。長野県穂高町に生まれる。井口喜源治のキリスト教思想に基づく研成義塾に参加する。相馬愛蔵に嫁いだ黒光夫人に啓発され,1899年画家を志して上京,不同舎に学んだが,1901年アメリカに留学,アート・スチューデンツ・リーグなどで学び,戸張孤雁を知る。03年フランスに渡り,アカデミー・ジュリアンでJ.P.ローランスに師事し,主としてデッサンを学んだ。翌年のサロンでロダンの《考える人》を見て衝撃をうけ,彫刻家に転向。…

※「荻原碌山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荻原碌山の関連情報