コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌糸体

栄養・生化学辞典の解説

菌糸体

 →菌糸

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菌糸体
きんしたい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の菌糸体の言及

【菌糸】より

…真菌植物の本体(栄養体)を構成する分枝した細い糸状体を菌糸といい,その集まりを菌糸体myceliumという。菌糸は先端生長によって伸長し,栄養分となる有機物があり,適当な湿度や温度などの良好な外的条件が続くかぎりいつまでも生長する。…

【菌類】より

…これらの諸点で細菌やウイルスなどの原核生物とは基本的に異なっている。栄養体は菌糸hyphaといわれる糸状の細胞からなり,この菌糸がゆるく集まったものを菌糸体myceliumという。これが単細胞のものもあり,酵母などでは出芽増殖をくり返す。…

※「菌糸体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菌糸体の関連キーワードアガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)コウジカビ(麴黴)サカゲツボカビ類アオカビ(青黴)レイシ(霊芝)ヘテロタリズムホモタリズムアカパンカビ菌類ホルモンツボカビ類異核接合体ナミダタケメシマコブクレスチンAHCC根こぶ病接合菌類子嚢菌類担子器果