コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菟道 うじ

世界大百科事典内の菟道の言及

【宇治[市]】より

…県(あがた)神社の県祭は暗夜の奇祭として知られる。【浮田 典良】
[歴史]
 歴史地名としては宇遅,菟道などとも書く。応神天皇の皇子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が住んでいたところから生まれた地名という。…

※「菟道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菟道の関連キーワード屋主忍男武雄心命京都府宇治市何廼屋梅逸兄太加奈志宇治(市)物部山無媛菟道稚郎子影媛(1)六々園春足大山守皇子宇治上神社宮主宅媛矢田皇女仁徳天皇宇治神社推古天皇鮮らけし忍熊皇子応神天皇八田皇女

菟道の関連情報