菟道(読み)うじ

世界大百科事典内の菟道の言及

【宇治[市]】より

…県(あがた)神社の県祭は暗夜の奇祭として知られる。【浮田 典良】
[歴史]
 歴史地名としては宇遅,菟道などとも書く。応神天皇の皇子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が住んでいたところから生まれた地名という。…

※「菟道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菟道の関連情報