コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎黄叢生病 いおうそうせいびょう

世界大百科事典内の萎黄叢生病の言及

【マイコプラズマ】より

…その後,1957年になって,エドワードD.C.Edwardらがこれをマイコプラズマと呼ぶことを提唱,67年に分類学上の位置が確定された。 マイコプラズマは動物に対しては,牛肺疫,ヒツジなどに乳房炎,イヌ,ラットなどに肺炎や関節炎を起こし,植物にも萎黄叢生病などを起こすが,ヒトに対する病原性のうち最も重要なものはマイコプラズマ肺炎の原因となることである。【川口 啓明】
[家畜のマイコプラズマ病]
 マイコプラズマが直接原因菌として知られている家畜の病気には,牛肺疫,牛関節炎,乳房炎,ブタ肺炎などがある。…

※「萎黄叢生病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android