コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落橋 ラッキョウ

デジタル大辞泉の解説

らっ‐きょう〔ラクケウ〕【落橋】

[名](スル)橋が壊れ落ちること。「落橋防止」「台風で落橋する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の落橋の言及

【共振】より

…機械振動が基礎を介して周囲に伝わらないようにするため,減衰性の大きな材料を選んだり,吸振器を配置したり,機械の支持構造をくふうしたりすることが行われる。19世紀には,人や家畜が渡ることによる振動でつり橋が落ちる事故が相次ぎ,とくに兵隊が歩調をそろえて行進したために起こった共振に近い現象が落橋の原因となったものが多かった。1855年J.A.レーブリングにより建設されたナイアガラ鉄道橋は2階建てで1階は歩行者用に供されていたが,その入口には〈隊伍を組み歩調を合わせて行進する者は50ドルから100ドルの罰金刑に処す〉と掲示されていたという。…

※「落橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落橋の関連キーワードタコマ・ナローズ橋川口金属工業熊本地震エスイー永代橋香落渓吊橋

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落橋の関連情報