コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛川谷 かつらがわだに

世界大百科事典内の葛川谷の言及

【安曇川】より

…京都府百井峠付近に源を発し,主流は比良(ひら)山地と丹波高地との間の花折断層をほぼ直線的に北流して,針畑川,北川,麻生川などの支流を合わせ,朽木村市場付近で東に転じ,広い三角州を形成して琵琶湖西岸に注ぐ。上流部は,南は葛川谷,北は朽木谷とよばれ,両岸ともに断崖が迫り,耕地が少なく,林業が卓越している。木材は古くはいかだ流しで河口の安曇川町南舟木に集められた。…

※「葛川谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛川谷の関連キーワード安曇川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android