コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮沼[村] はすぬま

世界大百科事典 第2版の解説

はすぬま【蓮沼[村]】

千葉県中東部,山武郡の村。人口4648(1995)。九十九里浜のほぼ中央にある。かつては半農半漁の村であったが,1950年代後半ころから沿岸漁業は衰退し,農業が産業の中心となった。現在は野菜の生産が中心である。170haの海浜公園がつくられ,夏季の海水浴客も多い。【千葉 立也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蓮沼[村]の関連キーワード少子化と晩婚化アーズAO入試

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android