コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮沼[村] はすぬま

世界大百科事典 第2版の解説

はすぬま【蓮沼[村]】

千葉県中東部,山武郡の村。人口4648(1995)。九十九里浜のほぼ中央にある。かつては半農半漁の村であったが,1950年代後半ころから沿岸漁業は衰退し,農業が産業の中心となった。現在は野菜の生産が中心である。170haの海浜公園がつくられ,夏季の海水浴客も多い。【千葉 立也】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蓮沼[村]の関連キーワード少子化と晩婚化アーズAO入試

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android