コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山武 さんぶ

5件 の用語解説(山武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山武
さんぶ

千葉県東部,山武市北西部の旧町域。下総台地の南東部に位置する。 1955年日向村,睦岡村の2村が合体して町制。 2006年成東町,蓮沼村,松尾町と合体して山武市となった。近世以来,山武杉の主産地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山武
やまたけ

総合オートメーション機器メーカー。1906年山口武彦により山武商会として個人創業。1932年株式会社に改組し,翌 1933年に工業計器の国産化を開始。1942年山武工業と改称。1949年第2会社,山武計器を設立し再発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんむ【山武】

千葉県東部、九十九里平野の中央にある市。イチゴ栽培などが盛んだが、総武本線沿線では東京の通勤圏として宅地開発も進む。平成18年(2006)3月に成東(なるとう)町・山武(さんぶ)町・蓮沼村・松尾町が合併して成立。人口5.6万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんむ【山武】

千葉県東部の市。九十九里平野と下総しもうさ台地に位置する。野菜・果樹の栽培が盛んで、山武杉の産地。九十九里海岸は海水浴場。伊藤左千夫の生地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山武
さんぶ

千葉県中東部、山武郡にあった旧町名(山武町(まち))。現在は山武(さんむ)市の西部を占める地域。旧山武町は1955年(昭和30)睦岡(むつおか)村と日向(ひゅうが)村が合併して町制施行。2006年(平成18)、山武郡成東(なるとう)町、蓮沼(はすぬま)村、松尾(まつお)町と合併して市制施行、山武市となった。旧町域全域が下総(しもうさ)台地にあって谷津田(やつだ)が樹枝状に展開し、ほかは森林と畑になっている。JR総武本線日向駅がある。戦国時代に千葉氏一族の支配を経て、江戸中期以後は旗本領。一帯は江戸中期に挿木による杉苗が植林され、成長が早い良質の山武杉生産地。農業は、かつての雑穀と米の生産から近年は野菜中心へと変わった。長光寺の樹齢約300年のシダレザクラは有名。[山村順次]
『『山武地方誌』(1955・山武郡町村会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山武の関連情報