薄膜抵抗素子(読み)はくまくていこうそし

世界大百科事典内の薄膜抵抗素子の言及

【抵抗材料】より

…このため,抵抗体を温度係数が0に近くなるような抵抗率に調整して使用することが多い。薄膜抵抗素子は形状的要因も加わって抵抗値を大きくすることが容易なので,現在実用に供されている抵抗素子の主流となっている。合金を材料とする抵抗素子は表に示すように薄膜,線状,薄板のものがあり,いずれも他の材料のものより精度,安定性,温度係数など諸特性に優れている。…

※「薄膜抵抗素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android