コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原光益 ふじわらの みつます

2件 の用語解説(藤原光益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原光益 ふじわらの-みつます

寂済(じゃくさい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原光益

没年:応永31.2.3(1424.3.3)
生年:貞和4/正平3?(1348)
南北朝末期から室町前期にかけての宮廷絵所絵師。六角寂済とも。従五位下。大蔵少輔。京都高倉通り六角に居したため六角絵所を称した。永徳3/弘和3(1383)年から記録に名がみえる。宮廷関係の画事の記録に後亀山天皇大嘗会の「標山屏風」(1383),「賢聖障子」(1402)があり,他に「北野天神縁起絵巻」(1383),「目蓮尊者絵巻」(1388)がある。室町幕府とも密接で将軍義満の命で「八講屏風」(1405)を制作し,また義満の猶子で醍醐寺の僧満済に重用され,「醍醐寺閻魔堂後壁画」(1386)や義満7回忌本尊の「虚空蔵菩薩」(1414)などを描いている。現存作は清凉寺融通念仏縁起絵巻」(1417頃)の一部で,このころには宮廷絵所預 を隠退し,寂済を号して長老的立場にあった。作風は平明で柔和な趣があり,色調は明るく,人物表現は平俗で,のちの室町時代やまと絵様式の特徴がみられる。六角派は光益膝下から藤原光国,後裔に六角益継がでた。<参考文献>宮島新一「十四世紀における絵所預の系譜」(『美術史』88号)

(相澤正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原光益の関連キーワード青江物天川備後物美濃焼神木入洛寺預け巨勢有久中山親雅東宝記宮廷絵所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone