コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂済 じゃくさい

2件 の用語解説(寂済の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寂済
じゃくさい

[生]貞和4=正平3(1348)
[没]応永31(1424).2.2. 京都
室町時代の画家。京都,清涼寺本『融通念仏縁起絵巻』2巻の作者の一人。おそらく永徳3 (1383) 年頃宮廷の絵所預 (えどころあずかり) に任じられ,その後応永 21 (1414) 年以前に出家して寂済と号した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂済 じゃくさい

1348-1424 南北朝-室町時代の画家。
貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年生まれ。藤原光益(みつます)の出家後の名と推定される。六角絵所預となり,六角寂済とよばれた。鎌倉時代以来の伝統的な大和絵様式をうけつぎ,現存作に清凉寺本「融通念仏縁起絵巻」がある。応永31年2月3日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

寂済の関連キーワード南北朝時代一之兼国(2)観海尹良親王友重(3代)巴泉宥信吉田兼煕頼勝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone