藤原光雅(読み)ふじわらの みつまさ

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原光雅

没年:正治2.3.9(1200.4.23)
生年久安5(1149)
平安末・鎌倉初期の公卿。院近臣葉室光頼と藤原親隆の娘の子。蔵人頭,弁官,院司,摂関家家司を務める。平清盛の命で近衛基通に仕え,文治1(1185)年には源頼朝追討宣旨を奉じたため解官されるが,その後九条兼実の信頼を得て検非違使別当を務め,権中納言に至る。

(奥田環)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android