藤原忠衡(読み)ふじわらの ただひら

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原忠衡

没年:文治5.6.26(1189.8.9)
生年:仁安2(1167)
平安時代末期の武将。奥州藤原氏の3代藤原秀衡の3男。平泉の泉屋に館を構えていたので,泉三郎という。源義経に同意していたということで,義経が討たれたのち,兄の泰衡に殺された。

(大石直正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android