泉忠衡(読み)いずみ ただひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉忠衡 いずみ-ただひら

1167-1189 鎌倉時代の武将。
仁安(にんあん)2年生まれ。藤原秀衡(ひでひら)の3男。陸奥(むつ)平泉(岩手県)の泉屋にすむ。父の遺志をつぎ源義経庇護。義経が討たれたのち,源頼朝の命をうけた兄藤原泰衡に居館を襲撃され,文治5年6月26日死去。23歳。通称は三郎。姓は和泉ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android