コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原忠親 ふじわらのただちか

2件 の用語解説(藤原忠親の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

藤原忠親【ふじわらのただちか】

中山忠親」のページをご覧ください。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原忠親

没年:建久6.3.12(1195.4.23)
生年:天承1(1131)
平安末・鎌倉初期の公卿。権中納言忠宗と藤原家保の娘の子。3歳のとき父を失い兄忠雅の猶子となったらしい。近衛中将,蔵人頭 を経て長寛2(1164)年参議。昇進を続け建久2(1191)年内大臣。この間後白河院司を勤め,文治1(1185)年源頼朝から議奏の公卿に推挙された。晩年洛東の中山に住み中山内大臣と称された。藤原宗能などに学んで有職故実に優れ,『貴嶺問答』『中山内府抄』『直物抄』などの著書があるほか,歴史書『水鏡』の著者とも伝えられる。日記『山槐記』は源平内乱期の重要史料である。

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原忠親の関連キーワード豊岡尚資野宮定晴藤谷為敦四辻季賢四納言藤原実房藤原長兼藤原光雅藤原宗家源兼忠

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone