藤原忠親(読み)ふじわらのただちか

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原忠親

没年:建久6.3.12(1195.4.23)
生年:天承1(1131)
平安末・鎌倉初期の公卿。権中納言忠宗と藤原家保の娘の子。3歳のとき父を失い兄忠雅の猶子となったらしい。近衛中将,蔵人頭 を経て長寛2(1164)年参議。昇進を続け建久2(1191)年内大臣。この間後白河院司を勤め,文治1(1185)年源頼朝から議奏の公卿に推挙された。晩年洛東の中山に住み中山内大臣と称された。藤原宗能などに学んで有職故実に優れ,『貴嶺問答』『中山内府抄』『直物抄』などの著書があるほか,歴史書『水鏡』の著者とも伝えられる。日記『山槐記』は源平内乱期の重要史料である。

(吉田早苗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android