コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我河上娘 そがの かわかみのいらつめ

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我河上娘

生年:生没年不詳
6世紀後半,崇峻天皇の妃。蘇我馬子の娘。妃をおくり擁立したにもかかわらず,崇峻天皇は蘇我氏に反感を抱きつつあったので,崇峻5(592)年に馬子は東漢直駒に命じて天皇を殺させた。その際,娘の河上娘も死去したものとばかり思っていた馬子は,実はひそかに駒の妻にさせられていることを知り,怒って駒を殺したという。子はいなかったらしい。

(明石一紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android