蘇我河上娘(読み)そがの かわかみのいらつめ

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我河上娘

生年:生没年不詳
6世紀後半,崇峻天皇の妃。蘇我馬子の娘。妃をおくり擁立したにもかかわらず,崇峻天皇は蘇我氏に反感を抱きつつあったので,崇峻5(592)年に馬子は東漢直駒に命じて天皇を殺させた。その際,娘の河上娘も死去したものとばかり思っていた馬子は,実はひそかに駒の妻にさせられていることを知り,怒って駒を殺したという。子はいなかったらしい。

(明石一紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android