コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛子夫(読み)えいしふ

世界大百科事典内の衛子夫の言及

【衛青】より

…平陽(山西省臨汾県)の人,字は仲卿。平陽侯の妾衛媼(えいおう)の私生児であったが,同母の姉の衛子夫(後の衛皇后)が武帝の寵愛をうけると,彼も宮中に仕えて武帝に才能を認められる。前130年(元光5)に車騎将軍となり,以来11年間に7回匈奴を討って輝かしい武勲をたてた。…

※「衛子夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる