コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星軌道 えいせいきどう

世界大百科事典内の衛星軌道の言及

【打上げ軌道】より

…人工衛星を目的の最終軌道(衛星軌道orbit)に投入するまでの軌道。人工衛星として半永久的に地球を周回するためには,衛星をある程度以上(通常200km以上)の高度に運搬し,さらにある速度以上(例えば高度200kmであれば約7.8km/s以上)に加速しなければならないが,この過程が打上げ軌道である。…

※「衛星軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衛星軌道の関連キーワードゲオルグ・オットー・ヘルマン ストルーベホール(Asaph Hall)ラグランジュの摂動方程式電気通信役務利用放送法テレビジョン(テレビ)国際テレビジョン伝送サターン・ロケットハイブリッド軌道マーキュリー計画ベラ=ホテル衛星国際電気通信連合たんせい(淡青)バイキング計画極軌道気象衛星国際地球観測年スペースデブリスペース望遠鏡観測ロケットテポドン2号軌道爆撃体系

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛星軌道の関連情報