コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星軌道 えいせいきどう

世界大百科事典内の衛星軌道の言及

【打上げ軌道】より

…人工衛星を目的の最終軌道(衛星軌道orbit)に投入するまでの軌道。人工衛星として半永久的に地球を周回するためには,衛星をある程度以上(通常200km以上)の高度に運搬し,さらにある速度以上(例えば高度200kmであれば約7.8km/s以上)に加速しなければならないが,この過程が打上げ軌道である。…

※「衛星軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

衛星軌道の関連キーワードゲオルグ・オットー・ヘルマン ストルーベホール(Asaph Hall)ラグランジュの摂動方程式テレビジョン(テレビ)電気通信役務利用放送法国際テレビジョン伝送サターン・ロケットマーキュリー計画ハイブリッド軌道国際電気通信連合たんせい(淡青)ベラ=ホテル衛星極軌道気象衛星バイキング計画スペースデブリ国際地球観測年スペース望遠鏡テポドン2号観測ロケット軌道爆撃体系

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛星軌道の関連情報