コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛漕 えいそう

世界大百科事典内の衛漕の言及

【大運河】より

…河漕,閘漕を併せて中河ともいった。(5)臨清から衛河によって北に向かい,直沽に至って白河に会するまでで,衛漕または北河ともいう。(6)直沽から白河により通州に至るまでを白漕といい,そこから大通河(通恵河)をさかのぼって北京に達したのである。…

※「衛漕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報