コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣脱ぎ朔日 きぬぬぎついたち

世界大百科事典内の衣脱ぎ朔日の言及

【クワ(桑)】より

…中国晋代の《捜神記》にも,同じ話が記されている。6月1日は〈衣脱ぎ朔日(きぬぬぎついたち)〉といわれ,クワの木でヘビや人が脱皮するので,クワの木の下に行ってはならないという地方が多い。長野県小県郡丸子町東内では,クワは死者のつえにするため,ふだん桑棒をついて歩くのを嫌うが,井原西鶴の《好色一代男》では,逆にクワは長寿を祝うつえとされている。…

※「衣脱ぎ朔日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android