コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袁中郎 えんちゅうろう

百科事典マイペディアの解説

袁中郎【えんちゅうろう】

袁宏道(えんこうどう)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袁中郎
えんちゅうろう

袁宏道」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の袁中郎の言及

【袁宏道】より

…中国,明代の文学者。字は中郎。兄の宗道,弟の中道とともに三袁と呼ばれ,またその出身地の公安(湖北省)にちなむ公安派の中心人物。20歳代から反伝統主義思想家の李贄(りし)(卓吾)に師事して批判精神を鍛えられ,当時の文壇を支配していた〈古文辞〉派の擬古主義を激しく攻撃した。その詩論で強調される〈性霊〉の発露とは,先験的に内在する純粋な詩精神の流露を目ざし,形式的な古典規範の模倣を拒否するものであった。しかしその理想は楽天的・高踏的なロマンティシズムの域を出ず,また彼自身のエピキュリアン的な資質の制約から,擬古主義の大勢を崩すまでにはいたらなかった。…

※「袁中郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袁中郎の関連キーワード宏道流性霊説瓶史三袁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android