コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏金の陣笠 うらがねのじんがさ

世界大百科事典内の裏金の陣笠の言及

【陣笠】より

…江戸時代には百重張(ももえばり)といって紙製で,正面を吹きそらせて漆塗りとしたのを陣笠と呼んで,士分の非常の際のかぶり物とした。とくに表を白たたき塗りとして裏全部に金箔(きんぱく)をはったものを裏金の陣笠といって,火災のときに将軍に報知する近侍の料とした。しかし1863年(文久3)からは不穏な世相に対応して,一般武士の往来にもそれまでのスゲ(菅)製の一文字笠を廃して陣笠を用いるようになり,大名以下諸大夫までは白塗りの裏金で,布衣(ほい)までは黒塗りの裏金,御目見までは藍(あい)色の裏金,御目見以下陪臣は表裏ともに黒塗りまたは錆色塗りと規定された。…

※「裏金の陣笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone