コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山上人 せいざんしょうにん

百科事典マイペディアの解説

西山上人【せいざんしょうにん】

証空(しょうくう)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の西山上人の言及

【証空】より

…鎌倉時代の浄土宗西山(せいざん)派の派祖。西山上人と称する。加賀権守源親季の子に生まれ,内大臣久我通親の養子となった。…

【澄豪】より

…中世天台密教の大著《阿娑縛(あさば)抄》を著した承澄に穴太(あのう)流を学んだ。京都西郊の古寺顕徳寺を再興して宝菩提院とし,活動の拠点としたので,西山(にしやま)上人と呼ばれ,その流を西山流と称する。滋賀県秦荘町にある金剛輪寺にも住んで,比叡山の灌頂を移して灌頂を興隆した。…

※「西山上人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

西山上人の関連キーワード澄豪(2)誓願寺実導

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android