コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西郷南洲 さいごう なんしゅう

美術人名辞典の解説

西郷南洲

幕末・明治の薩摩藩士・政治家。薩摩生。名は隆永・隆盛。通称は小吉・吉兵衛・吉之助。討幕派の指導者として薩長同盟王政復古戊辰戦争を指揮する。維新後は政府の参議となり廃藩置県に協力するが、征韓論に敗れて帰郷、不平士族層に推され、西南戦争を起こす。明治10年(1877)歿、50才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の西郷南洲の言及

【西郷隆盛】より

…幕末・明治期の政治家。大久保利通,木戸孝允とともに明治維新の三傑と称される。薩摩国鹿児島城下で下級藩士の子に生まれた。幼名は小吉,吉之介,吉兵衛,吉之助,名は隆永のち隆盛,号は南洲。1844年(弘化1)郡方書役助ついで郡方書役となり,その間,農政に関する意見書で藩主島津斉彬に見いだされて側近に抜擢され,一橋慶喜将軍継嗣問題で活躍,天下に広く知られるようになった。しかし,58年(安政5)大老井伊直弼の登場と斉彬の急死で窮地に陥り,同志僧月照と鹿児島湾に投身自殺を試みたが西郷のみ蘇生。…

※「西郷南洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西郷南洲の関連情報