コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西郷星 さいごうぼし

大辞林 第三版の解説

さいごうぼし【西郷星】

〔西南戦争があった1877年(明治10)9月、火星が大接近し明るく輝いた。人々がこの赤い星の中に西郷隆盛が見えるといったことから〕
火星の異名。なお、火星の近くにあった土星を西郷の参謀桐野利秋の名に因んで桐野星と呼んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の西郷星の言及

【星】より

…〈からすきぼし〉〈さかますぼし〉なども,〈三つ星〉と〈小三つ星〉とを結んだ形の名である。 西郷星1877年,西南の役で全国の人心が動揺していたとき,火星が地球に近づいてきて,大接近の9月3日には距離5630万km,光度-2.5等あまりとなった。世間ではこれを西郷星と呼び,その赤い光の中に陸軍大将の正装の西郷隆盛が見えるといって騒いだ。…

※「西郷星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

西郷星の関連キーワード西郷隆盛西南戦争桐野星異名火星

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android