コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規模に関する収穫逓減 きぼにかんするしゅうかくていげん

世界大百科事典内の規模に関する収穫逓減の言及

【収穫逓減の法則】より

…このことは,生産要素としての土地の投入量が一定であるとき,いま一つの生産要素である労働投入を増加させても,生産の増加は逓減することを意味している。 なお収穫逓減の法則は,すべての投入量を一定倍にしたときに,生産量が比例的に増大しない状態を意味する規模に関する収穫逓減とは異なる。規模に関する収穫不変が仮定され,すべての投入物を一定倍したときに生産量も比例的に増大するとしよう。…

※「規模に関する収穫逓減」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

規模に関する収穫逓減の関連キーワード外部経済・外部不経済

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android